2013/05/30

N ONE試乗

先日野暮用でいつもお世話になっているホンダのディーラーに行った時にN ONEの試乗をさせてもらいました。
軽のCVTはうちにも現行ミラのCVTとN BOXと2台置いていますが、ターボのCVTに乗ったことは無く、どれくらい速いのだろうとずっと気になってました。
NAでも昔のATと違って遅いことはなく、通常走行もそつなくこなす感じです。

いざターボに乗ってみると、ものすごくトルクフルです!
スピードメーターの針が一瞬で上がります。
ディーラーの人はフィットの1300といい勝負をすると言ってましたが、うちにも先代のフィットの1300を1台置いてます。N ONEのほうがいい加速します。
信号発進の加速もいいですが、高速で追い越しをかけるときの加速や坂道を登るのにも十分すぎるパワーがある感じです。
N ONEのいいところばかりを書きましたが、やはりプレミアムな軽。軽にしては少し値段が高いのがネックですね…
NCM_1554.jpg
スポンサーサイト
2013/05/29

総会

今日1日時間があったので過去3ヶ月分の思い出せる範囲でブログを更新しました。
時間があったとは言え、お昼から車屋さんの組合の総会があり、今までは社長のうちのじいさんが出ていたのですが、今度から代わりに行ってくれと言われ出席することに。
組合に加盟している車屋さんの社長が出席するので、年齢層は40歳から70歳くらいまでのところにぶち込まれてきました。
しかし皆さん快く新入りを受け入れてくれてちょっぴり安心。
これからの車はハイブリットやらアイドリングストップやらどんどん進化していくので、こういう場から新しい技術をどんどん勉強していかないといけませんね。
2013/05/29

カブのタイヤ交換

今回はスーパーカブのタイヤ交換です。
写真の通りかなり年期の入ったカブです。
オイル交換のステッカーをみてびっくり。
僕の物心ついた頃に使っていたオイルのステッカーよりも古いステッカーが貼ってありました。
推定ですが、前回のオイル交換は約20年前です!じぇじぇ。
オイルは真っ黒でしたが量はしっかり入っていて、エンジンもキックで1発始動。カブ恐るべきです…
NCM_1558.jpg
2013/05/29

オデッセイ納車

この業界に入って早6年目。
学生の5年間は週1しか仕事にきてませんでしたが。
初めての新車を販売しました。
ホンダのオデッセイです。
オデッセイも今年の秋にモデルチェンジするらしいですが、エリシオンと統合で今より背が高くなり、スライドドアになるみたいです。
今の背の低いオデッセイのほうがいいと言うことで、このタイミングで成約してもらえました。モデル末期のためか値引きも結構できました!

納車まで1ヶ月半待ってもらい、ようやく納車になりました。
納車して同乗させてもらえましたが、オデッセイって高級車ですね!
うちの両親も昔に初代のオデッセイに乗ってましたが、2クラスくらい上の車みたいになってました。
新車で履いているタイヤもミシュランのパイロットプライマシーLCと言うブリジストンで言うレグノクラスのタイヤでびっくり。
車内はとても静か。新車の香りを堪能させてもらいました(笑)

納車の1週間後、1000キロ走ったから1ヶ月点検をしてくれと連絡が。
納車の翌日に富山に行き、通勤でも距離を走るので、1週間でおおかた1400キロ走ってました(笑)
NCM_1549.jpg
2013/05/29

ムーヴのタイミングベルト交換

ムーヴの車検とタイミングベルトを交換しました。
運転席側のエンジンマウントを外さないとベルトが外れないので、エンジンマウントを外そうとすると、ヘッドライトまで外さないといけません…
この状態だけ見ると整備すると言うよりは廃車になってしまったみたいです(笑)
今はダイハツの車もタイミングチェーン式のKFのエンジンになりましたので、EFのベルト式のエンジンの最終モデルみたいなもんですね。
このエンジンはアイドラプーリーが無くベルトとテンショナー1個だけのシンプルな構造をしてます。レガシィのタイミングベルトとは大違いですね。
NCM_1537.jpg
2013/05/29

タイタン

このトラックはうちの積載車です。
貸して欲しいと言われ貸した時の写真です。
乗せているシルビアのオーナーは徳島のサーキットに行くのに貸してくれとのこと。
平成元年ですが、絶好調で走ってます。関東のほうにも車を何回か取りに行ったりして、1日で1200キロ運転したこともあります(笑)
そういやこの前の4月にお客さんから電話があり、高速でおかまを掘られたと言われ迎えに行ったことがあります。愛知まで!
友達と箱根温泉に行った帰りだったそうです。
なんだかんだでこのポンコツ積載車も活躍してますが、車高の低い車を乗せるのに苦労するので、荷台が下まで降りてフラットになる積載車が欲しいです。
NCM_1526.jpg
2013/05/29

キリ番

車検で預かった車の話。
なんの変哲もない軽トラの車検だったのですが、預かっている途中で9000キロのキリ番になったので写真を撮りました(笑)
まだ走行距離は9000キロですが、18年前の車です。年間500キロペースですね。
学生の時は月に3000キロ以上走っていたので、500キロなんてすぐに走ってました。
NCM_1500.jpg
2013/05/29

カルディナのエキマニ割れ

トヨタのカルディナという車にはST246Wという形式に3Sターボの設定があります。
この車は20万キロ走ってますが、エンジンは絶好調。
しかし最近排気漏れの音がひどくなってきたとのこと。
インタークーラーを外し、エキマニのカバーを開けてみるとびっくり!
エキマニが割れています…
でも調べてみるとカルディナは先代ともにエキマニがウィークポイントらしいですね。
このエキマニがやっかいでタービン一体のエキマニになってます。
エキマニが割れるとタービンも交換。タービンがだめになるとエキマニも交換ということです。
やはりウィークポイントだけあってか、中古部品を全国探して1個だけありました。
それもまだ車に付いているとのこと。
ちなみに新品のエキマニタービンASSYの値段は16万でした!じぇじぇ。
NCM_1498.jpg
2013/05/29

CVTF

キューブに乗っているお客さんが走行時にモーター音がするといい入庫。
今までよその車屋さんで見ていたらしいのですが、ひょんなことでうちで見させてもらえることになりました。

CVTの車なので、同じノートとかでもバックする時とかに「ひゅーん」とモーターみたいな音がするのは確かにあるのですが、乗ってみて音が大きくなっています。
10万キロCVTフルード無交換だったので、交換するかすごく悩みましたが交換に踏み切ることに。
基本的にオートマチック系のオイルの交換は距離を走ってからではしないほうがいいです。
ミッション内部のオイルラインが非常に細いために新しいオイルを入れると、汚れが浮いて詰まらせる可能性があるためです。

それに最近の車はメーカーも無交換を推奨してますが、やっぱりオイルというものは劣化します。ATF(CVTF)を交換するかしないかは結構意見が分かれるところですが、僕は交換派です。
CVTだと特にオイルに求められる役割は潤滑もしないといけないけども、ベルトをスリップさせないと言う反対の性質が求められます。もちろんメーカー純正オイルを使用しないといけませんので、どんどんいろんなメーカーのオイル缶が増えていきます(笑)
NCM_1493.jpg
2013/05/29

ウォッシャーが出ない

FD2のシビックのタイプRですが、ウォッシャーが出ないとのこと。
出ることは出るんですが、チョロチョロと出てガラスに届かず全然ウォッシャーの意味をなしてません(笑)
ボンネットを開けてパネルを外していくと原因が判明。
ウォッシャーのラインがパネルの下敷きになってました。ホースもつぶれていたので刑が同じで使えそうなものがあったので、それで代用。
たぶん他の車屋さんで水温計を取り付けてもらった時に組み付けでこうなってしまったのでしょう。
こういうところも気をつけないといけませんね。
NCM_1481.jpg
2013/05/29

シボレークルーズ

中古車が1台売れました。
シボレークルーズです。シボレーと言う名のスズキのスイフトですね。
この車、オートマですが1トンを切るボディに1500ccエンジンで意外と速いです。
今時のコンパクトカーと比べると車内の広さは劣りますが、これがMTだったら完全に僕の好みの車です!
このお客さん、ガス屋ですが携帯電話を売らないといけないらしく、ソフトバンクの携帯を新規・機種変更するときはぜひご一報を(笑)
NCM_1476.jpg
2013/05/29

マーク2ブリット

あまり走っている車では無いですが、マーク2ブリットの車検をしました。
このお客さんは長野県から来てくれました!
と言っても、高校時代の友達で車検と免許更新が重なったから帰ってきてくれたとのこと。
おおかた11万キロ走ってましたので、タイミングベルトを交換。
昔からある1Gというエンジンを搭載した車でした。
FR6気筒のこのエンジン、やっぱり車の基礎なんでしょうね。
ラジエターを外してさくさく交換。ベルトはちょっと劣化していたので、このタイミングでタイベル交換できてよかったです。
DOHCだと思ってたんですが、カムプーリーが1つということは、ハイメカツインカムなんでしょうか?
NCM_1462.jpg
2013/05/29

ラウム

僕のおばさんにあたる人が乗っていたラウムです。
車の乗り換えで代車として使っていたのですが、車検切れと言うことで廃車にするのは勿体ない…まだ8万キロも走ってなかったので。

オークションに出しました。
すると輸出業者が落札。
車を見に来て乗って帰るのかと思いきや、後日陸送業者が引き取りに来るとのこと。
その陸送業者から連絡がありました。うちの前は国道になっていて、大きいトラックが止まっていると邪魔。なので裏の農道を案内しようと思い、「どんなトラックで来ますか?」と聞くと、「電車で行きます」と。
しかしこの田舎に電車など走っていません。
結局電車とバスを乗り継いで来たらしいですが、ご苦労様です(笑)

引き取り伝票の備考欄に「ウガンダ行き」と書いてありました。
このラウム、アフリカに行くようです。じぇ!
NCM_1458.jpg
2013/05/29

レブルのキャブOH

ホンダの250ccのオートバイにレブルという車種があるのをご存じですか?
僕は知りませんでした(笑)
「じばらく乗ってないレブルをエンジンかかるようにして欲しい」と言われて思わず「どこのメーカーのバイクですか?」と聞いてしまいました。

このバイクはツインキャブですが、OHとしてはシングルと変わらないです。
まずはとりあえずセルでエンジンかかるか確認。全くかからず。
キャブのドレンをあけてもガソリン出てこず。
やっぱりOHコースですね。
いざキャブを開けてみると…
NCM_1446.jpg
やっぱり詰まりまくってます…
キャブクリーナーに漬けて洗浄。
あとはフロートの中にガソリンが入っていたので、フロート交換。
定番のプラグを交換して新しいバッテリーを入れて、無事にエンジンがかかりました。
ちなみにプラグはカブと同じプラグでした。
2013/05/29

レガシィのタイミングベルト

NCM_1490.jpg
今回はどぅくどぅくさんのタイミングベルトとウォーターポンプの交換をしました。
どぅくどぅくさんというのはレガシィの事です!
排気音がどぅくどぅくと言っているみたいなので(笑)
このオーナー、一緒にゼロヨン行ったら帰りのスバルの前でクラッチが終了したり、サーキットに行ったら2週目で車を廃車にしてしまったり、かなりアグレッシブな人です。今となっては本人もいい思い出となってるはずです!

スバルのタイミングベルトって、作業自体はそこまで難易度は高く無いのですが、部品が高いですね…
今回はお客さんが部品をどっかから安く持ってきたみたいなので持ち込み作業です。
これであと10万キロベルト切れの心配無く乗れますね。
ちなみに1回交換してあるのか、ベルトはそこまで損傷してなく、まだ乗れそうな感じでした。
2013/05/29

newタイヤチェンジャー

NCM_1440.jpg
新しいタイヤチェンジャーを導入しました!
前使っていたタイヤチェンジャーは推定30年くらい前のチェンジャー。
もちろん今時の扁平タイヤなんかには対応しているわけもありません(笑)
タイヤチェンジャーを使ったことのある人は分かるかもしれませんが、扁平タイヤだとタイヤの堅さにアームが負けてホイールに傷つけちゃうんです。
今までは自分のホイールだと傷ついてもよかったので、そのタイヤチェンジャー使ってましたが、人のホイールだとさすがに具合が悪いので、サポートアーム(右側に付いているアーム達)の付いているチェンジャーを買いました。
対応ホイールは22インチとかだったかな?でもどっちにしろ20インチ超えると今度は腕と体力が付いていきません。
今時のって26インチ対応とかのチェンジャーもあるのですが、大きいホイールよりも軽トラの12インチが内かけできて、原付の10インチが外掛け出来るチェンジャーのほうがよかったので。
原付のタイヤくらい手組みしろ!と言われそうですが、やっぱりタイヤチェンジャーを使うと楽です(笑)
2013/05/29

DC5クラッチ交換

ちょっと前の作業ですが、ホンダのインテグラtypeR(DC5)のクラッチ交換をしました。
ミッションを降ろすのにサブフレームを取り外さないといけません…
クラッチ、フラホと強化ステアリングスライダーという部品の交換を依頼されました。あとオイルパンもバッフル入りのに交換。
ステアリングスライダーってインテグラのウィークポイントらしいですね。
この作業なかなか狭いところなので、ミッションを降ろしている時に作業が出来てよかったです。
後はラックエンドブーツ破れがあったのでブーツ交換と、エンジンマウントが亀裂入っていたので2個交換しました。

NCM_1426.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。